はじめに

ようこそ「パンのあるとき」へ

パン食がスタンダードになってからもう何十年という年月が経ちました。
今の時代,パンはいろんな場所で当たり前のように買うことが出来ます。
近くのベーカリーやスーパーマーケットはもちろんのこと,
近年はコンビニでも創意工夫を凝らしたパンが売られるようになりました。

現代の私たちは多種多様なパンに囲まれて生きています。
食パン,惣菜パン,菓子パン,フランスパンまで,
様々なパンにアクセスできる恵まれた環境にありますから,
わざわざパンを作る必要は無いし,別に作らなくても生きていけます。

だけど,パン作りには,そんな理屈を凌駕してしまう魅力があります。
初めてパン作りを体験してパン生地に触れた人のほとんどが
パン作りを楽しいと口々に振り返っているのを何度も耳にしました。
一度パン作りを体験すると,次にはパン作りが趣味になっていることも。

自分で作ったパン生地が発酵して膨らんでいく様子は,
不思議なくらいに愛しくて,可愛らしいものです。
そして,オーブンから出した焼き立てのパンが食べられるのは,
パンを作った人だけに与えられる特権です。

毎日の食卓に寄り添うパンから,誰かにプレゼントしたくなるパンまで。
この教室で,様々なパンに触れて作ることの喜びを味わってみませんか?
パンがある生活は,楽しい。
パンが作れる生活は,きっと,もっと楽しい。


主宰者・講師

溝口 大将(みぞぐち ひろゆき)

  • 1993年生まれ。
  • 大阪府立阿倍野高等学校を卒業。
  • 大阪市立大学文学部でフランス語を専攻し,在学中に「ボカロ部」を設立。
  • 前職はプログラマー。人間関係があまりにも無理すぎて退職。
  • 2021年、大手料理教室「ABC Cooking」にて「ブレッド ライセンス」を取得。
  • 2021年、「パンシェルジュ検定」2級(プロフェッショナル)合格。
  • 2021年、「食品衛生責任者」取得。
  • 著書に『ボカロ部誌―VOCALOGUE―』(デザインエッグ社,共著)。